2007年10月02日

歴史探訪

DSCF3066a.jpg DSCF3069a.jpg

 重い足を引き摺ってお城へ登ってみる

DSCF3075a.jpg DSCF3077a.jpg

 さすが!! と言われる建造物に改めて入ってみる

 雨を心配していたが暑くもなく寒くもなく安心の一日を過ごせた。丁度お祭りと重なって賑やかな人出。

松本城の歴史を学びながら上まで登ることができて、嬉しい=疲れ果てた  という答えが出てきた。

開智学校も立石清重という棟梁が江戸へ出向き東京医学校をモデルにして建立された由、工費は約1万1千円におよぶ当時の巨額な工事費のうち、およそ7割が松本町全住民の寄附によるものだということを何回も繰り返し説明があり、信州の教育県たるゆえんをお聞きする。

明治初期の建築と言うことでギヤマンといわれる諸所への施工はやはり見応えを覚える。

また機会があったら出かけてみたい。
posted by たあちゃん at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月24日

平和コンサートに招かれて

DSCF3007a.jpg  DSCF3000a.jpg 

 老若男女・子供達も一心となっての姿にしみじみ平和を願う

DSCF3012a.jpg  DSCF3014a.jpg

 音文ホールの庭園にてくつろいだ風景

 平和コンサートが音文で行われた。お誘い下さったお方に厚くお礼を申し上げながら、平和の尊さ、あり難さを思い、帰宅の道すがら夕暮れの雲の動きにも感動する。

 本当に有り難うございました。
posted by たあちゃん at 19:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月23日

秋のお彼岸

DSCF2976a.jpg

手入れをしないのでたおれそう

DSCF2971a.jpg

彼岸花がこんなに咲いていたとは?

DSCF2998a.jpg

9/23お彼岸のアルプスの空

 知人の今日は3回忌。46歳という年齢は若すぎると、いまだ胸が痛む。我が家から見るアルプスを眺め、羨ましいと言いながらカメラに収めて帰られた。

 燃えるような真っ赤な曼珠紗華が当時を思い出させてくれて感慨無量。

 近いうちに長野県へ又お邪魔します。その時には寄せていただきます。

と言って、お帰りになったのだが・・・・・
posted by たあちゃん at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月18日

日が短くなって・・・

DSCF2949a.jpg

朝の常念さん

DSCF2963a.jpg

夕景6:00頃の常念さん

DSCF2959a.jpg

夕方6:00頃の乗鞍岳

日が短くなって学校のお帰りのチャイムがわびしく聞こえる。

posted by たあちゃん at 21:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月16日

「敬老の日」という連休

DSCF2919a.jpg   DSCF2937a.jpg

AM9:00の常念さん上下に雲が遊んでいる

斑入りのやぶらんとげんのしょうこが共生

DSCF2936a.jpg  DSCF2927a.jpg

秋菊なんだけど今年は少し遅かった

紫式部っていうんだそうだけどなかなか強い植物だと思う


毎日アルプスを眺めご機嫌を伺いながら「守ってね。ありがとう」をいってる自分。
posted by たあちゃん at 10:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月11日

曇天が続きそうな気配

DSCF2831a.jpg

  スチュウベン 只今真っ盛り

 天候しだいの農家は収穫時になると泣きたくなることが多い。
今年は格別の暑さが続いた。日中の暑さはまだしも夜の温度が下がらないのが今年のような結果をもたらすことになる。

信州の独特の夏をと念じているのだが、地球の変化によってどうなることかといまや挨拶の言葉となってしまっている。

りんごも晩生種のふじに早既に陽射しの強烈さでやけどの跡が見られる。12月までの気候がどのように変化するのか手の施しようがない。ケセラセラ・・・ なるようにしかならないか。

奥の細道の一文に
 「月日は百代の過客にして行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ馬の口をと
  らえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖(すみか)とす
   後文続くのだが・・・・」

『舟の上に生涯をうかべ』というのがぴったりすぎて怖い。

明日も健康で過ごせることを祈りながら。
posted by たあちゃん at 20:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月05日

久し振りのお勉強?

DSCF2874a.jpg  DSCF2873a.jpg

 この夏を惜しむかのようにひっそりと小振りに咲いているピンクのホタルブクロ、なんとも愛しい。
 しゅうかいどうがようやく咲きはじめた。白のみになってしまった様子。

 今日は久し振りに真剣にお勉強ができたようで嬉しい。いつもこのように充実した日々でありたいと晴れやかな気分で帰宅。帰りの雨の降りように驚き!! 台風の影響が始まったのだろうかと気になる。
しかし、今夜は至極穏やかでホッとしているが、明日が怖い。

そこ、ここ、がと、言わないようにしよう。元気でいたい。
posted by たあちゃん at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月25日

落日の北ア

DSCF2853a.jpg

 常念さんにかかる雲で落日は見えず

DSCF2861a.jpg

 乗鞍岳の夕景

DSCF2862a.jpg

 瞬く間に月の光がまた美しい

 夕方6時を過ぎると暑さを忘れてしまうほどに涼しい。晩夏光を求めて毎日北アを眺めている。これも間もなくおしまいだろうか??
posted by たあちゃん at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月18日

お盆も過ぎ・・・

DSCF2809a.jpg DSCF2806a.jpg

 明日も暑かろうからと昨夜の計画で朝早く消毒を終わらせることに話し合い成立、朝早いといっても精々5時半くらい、信州は朝は涼しい。これが助かる。それでも朝食が9時、もうへとへと、しっかりと休憩をすことに。

 16日は終日大賑やか、夕方おたなを片付けして仏様を送った。しらかんばを燃やすと黒い煙がもくもくと立ち昇る。この煙にのってご先祖さまは揃ってお帰りになると思うとやっぱり寂しい。みな元気で暮らせますようにと、手を合わせる。

 山萩がつい先日咲き始めたと思ったら水分不足なのか元気がない。われもこうもいかにも暑いよといわんばかりの風情。一雨が待たれる。雨乞いをこんな時にするのかなぁ? 夕方になると灌水の動力音があちらからもこちらからも聞こえる。

 今年こそ「デラ・大粒種・ナイヤ」豊作を期待されていたのに残念な結果になってしまって見ている方もお気の毒としか言いようがない。自然との闘いは厳しい。

 また「蛇」がちょろちょろとお盆前から出た来て「そっとしておけ」というので仰せのままにしていたが、さすが蛇さまも暑いのか木陰で涼んでいた。しかし見る方はあまりかんばしくないのでお隣の畑へ避暑地移動とお移し申し上げた。「ああぁ、やだやだ。蛇はホントに嫌だよ」と青くなって独り言を言っている私。

 蛇が屋敷にいるとお金が貯まるよ、と聞いているが貯まったためしはない。
posted by たあちゃん at 21:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月15日

今日はお盆15日

DSCF2802a.jpg DSCF2801a.jpg
      山の向こうは中山 庭に出て南を撮影

 今日はお盆の15日、珍しく静かな一日。明日は亦家族が増えて賑やかになりそう。朝、起きたらあれを先ず、その次にはあれをと仕事が頭をよぎる。

 折角の静かな日、「千の風になって」を思い出し、筝を出して仏様に聞いていただいた。しかし考えてみると“お墓に帰れなくなると困ってしまう”と、急遽終わりとし、「千鳥の曲」を聴いていただくことにした。

 明日もまた暑くなりそう!! 

 今年はいやに蚊が多くて外へ出ると必ず刺されてしまう。この現象はどういうことなのだろうか?
posted by たあちゃん at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月11日

10日・11日


 昨晩(10日)筑摩神社のお祭りの花火が今年も見られた。
華やかな花火なのに過去に結びついてしまう。空高く舞散る火花も偏に平和の象徴であって欲しいとしみじみ祈りながら。

 お稽古から帰宅してもう一度復習をとカバーをはずしたところ筝の糸が切れている。琴柱も飛んでしまっている。龍頭の側で切れたので龍尾に向かって糸が反り返る形で、さぞかし勢いよくピシッと跳ね上がったのだろうと想像ができる。

 今朝(11日)琴屋さんにお願いをしてお盆前に糸の張替えをとрして持ち込んだ。快くお引き受けくださって夕方にできるという。やれやれ、不安解消一件落着。お盆前になにも糸切れなどしなくてもよいのにと縁起に結びついてしまった。大きなショクだった。

 庭先の「アシダンセラ」という花が咲き始めほのかな香りを
楽しませてくれている。仏様にお供えできるかな? コオニユリがみょうが畑の中で我がもの顔で増えて咲いている。なんとかしなくちゃ・・・ 困った。

 午後は暑くなるだろう。ワイナリーへ午前立ち寄ったら人・人で吃驚して帰ってきてしまった。混雑は良いこと、当たり前なのに。
posted by たあちゃん at 12:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月10日

長崎原爆の日

DSCF2789a.jpg  DSCF2786a.jpg  

DSCF2784a.jpg 

 今日の長崎原爆慰霊祭の模様をラジオで聞いていた。6歳の時に3歳の妹さんと共に蝉とりに夢中になっていたその時、原爆にあったお方のお話をお聞きするうちに涙がとまらなかった。
 こうした記念日はありがたくない。二度と起こさないための、亦忘れないためにの信号であろう。戦争は嫌だ。声を大にして叫びたい。

 歴史はくり返されるというが、地球もおかしいといいながらこのまま変わってゆくのだろうか? なんだか怖い。人間が地球を壊しているのではなかろうか。
posted by たあちゃん at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月01日

日が短くなった

DSCF2775a.jpg

 サークルから帰宅して大急ぎで畑に出た。蚊やブヨが容赦なく攻めてくる。あっ!! 刺された。痒い (☆-◎;)ガーン

仕方がない家に入ろう。ふっと顔を上げると夕闇迫る西山の常念さんの上に赤く染まった雲が・・・ 台風が到来の故か?  折角、梅雨明けになったというのに。祈る「大事なきように」
posted by たあちゃん at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月30日

7月30日という日

DSCF2766a.jpg  DSCF2764a.jpg
  
DSCF2753a.jpg  DSCF2749a.jpg

 45年前の今日は暑かった。まさしく昨日の暑さだった。町の巷では原爆禁止を呼び合う人の波で騒がしくしている。それを聞きながら生命の誕生とその先に待つ歓びを感じながら横たわっていた。この娘も三人の親になって孫達は言いたいことを言っている。傍でばあばはにやにやしながら真剣に聞くでもなく聞きながらこれが幸福というものかしらと一人合点をしている。

 夏休みに入って帰省してくるであろう孫達が揃って爺・婆のところへくるのを楽しみに黙って待っている。

 今日は雨降りで涼しい。昨夕少し体調が変かな? と思っていたら血圧が下がっている。暑さと涼しさの気候の変化が激しくてからだが戸惑っているのだろう。

 参院選も終わった。果たしてこれから先「国民の一人ひとりの幸」が実現するのだろうか? 大いに期待したいものだ。

 庭のあちこちにお盆に備えての花々が咲きはじめた。あと半月すればお盆様が来る。暑いときにはやはり暑くなければ作物にも影響するであろうことから、体調に留意しながら乗りきろう。
posted by たあちゃん at 18:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月16日

今日は怖かった

posted by たあちゃん at 20:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月05日

エッセイというボタンを増やしました

DSCF2559a.jpg

 早いもので6月に入ったと思ったら5日を終わろうとしている。朝早くから郭公・雉・ひよどりと鳥も騒がしい。郭公が鳴き始めると豆を撒きなさいという合図だそうな。姑は時季をなにかと教えてくれた。そんな頃が懐かしい。この頃になるとカツオが美味しい季節で「女房を質に入れてもカツオを食す」と言われるほどに新鮮な初鰹は食べたかったお魚のようである。また書物にも俳句・川柳・短歌・随筆・小説とあらゆるジャンルに載せられている。
 一番日の長いこの季節は夕刻ともなると爽やかなそよと吹く風がなんとも心地よい。情報の行き届いたこんにちは当たり前だけれど、昔は西山を見て明日の天気をうらなったものだ。文明も必要だけれど、自然界に我が生かされてあることを忘れてはなるまい。

 新しく「エッセイ」というボタンをアップしました。想ったままの荒削りなものですが、覗いていただければ幸です。

    http://tachan01.sakura.ne.jp/
     のなかのエッセイです。
     今回は「千の風になって」です。
posted by たあちゃん at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月02日

友に感謝・宝なり

ウエブビデオ スタジオ素材集CDを使ってのお勉強。
教えていただいたことはきちんとマスターしたいといつも思うのだが、どのくらい吸収できているのか甚だ疑問である。
今回もああなんとか理解できたかなと、帰宅したんだけれど、さにあらずどうしてどうしてあがっていかない??? 何が悪いんだろう、保存かな? あれこれ苦心の末、友にアドバイスを頂きようやく納得してあげられた。
この何年か共に学び気心も通じるこの頃、志を同じく持ち向上することに励ましあうこのことの尊さをしみじみと感謝してやまない。

今回あげたビデオです。どうぞ覗いてやってください。

   http://tachan01.sakura.ne.jp/
    のなかの宇宙への夢と題しました。

posted by たあちゃん at 15:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月29日

認知症とは

DSCF2500a.jpg

美味しそうなお茶の新芽

 今日は認知症という病気についてかなり細かくお話をお聞きすることが出来た。まさに私の症状そのものだワ!! と、心細くなって帰宅した。
記憶力減退、知識減退、判断力減退。基本症状、日常生活能力の障害(ADL障害)起きてから寝るまでの行為をいうのだそうな。発病から死亡までの期間は2年未満は1.5%、2〜3年は6.5%、4〜5年は21.9%、というように年々上がり、10年以上の方が30.4%ということは、家族の並々ならぬ努力と犠牲が要求されることになる。ああ困った。

 ツバメが今年もやってきて2羽で仲良く出たり入ったりして一生懸命巣造りをしてたのに、帰宅して眺めてみるのにいやに静かだ。さては?? と思って夫に聞いてみた。
妻「ツバメ、おかしいんじゃない?」
夫「ひよどりがじっと来ててな、どうも威嚇してたようだ」
妻「可愛そうに、去年はデジカメの光で吃驚して帰ってこなかったし・・・」
妻「来年はもう来ないよね、きっと」
夫「主をきずかって季節になると戻ってくるんだが・・・」
お互いに黙ってしまった。

なんとなく寂しい一日で終わる。
posted by たあちゃん at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月28日

あぁ!! しんど

DSCF2541a.jpg  DSCF2539a.jpg

DSCF2536a.jpg  DSCF2534a.jpg

 今年も芍薬が咲きだした。どうしても色気の方が早く開花するようだ。真っ白はなぜか遅い。

 雉が毎日オス鳥1羽がメス鳥2羽を伴って遊びに来る。我々が、がちゃがちゃ音をたてながら畑で作業をしていても逃げようともしない。きれいに除草された畑は素通り、我が家のように草だらけの畑には遊んでいる。草むらの中に餌になるものがあるらしい。

 今朝は又気温がぐっと下がった。ストーブを点けて暖をとった。もう6月だというのに何てことか? 炬燵もまだかたずけられないでいる。やっぱり異変かも。しかし今朝の常念さんは格別美しかった。

 夕6時半を過ぎているが高校の部活の声が聞こえてくる。ボツボツ家に入ろうかな。あぁ!! しんど。明日又陽は昇るよ・・・ね。

 そうそうコンピュータに不具合が生じて飛行機が欠航という事態になったと盛んにニュースで報じられたが、これからもこんなようなことが起こりうるであろうか? 文明も恐い。
posted by たあちゃん at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月24日

本日も快晴・・・ 暑い!!

DSCF2521a.jpg

立派な鐘楼を記念に一枚

DSCF2514a.jpg

もみじが美しくて・・・・・

DSCF2508a.jpg

島内にある高松寺へよせていただいた。浄土宗と書かれていた。

DSCF2529a.jpg

この広い田所が一面の麦畑になっている。ついこの頃まで寒さを耐えて芽生えた青さがいまや色ずき始めている。稲ならば田植えが終わって蛙の鳴く声が盛んであろうに。

 このところお天気が続いて農作業には有り難いことであった。明日は雨降りの予報が出ている。農休みになればよいのだけれど、ぶどうはジベ真っ盛り、りんごは摘果真っ盛り、猫の手も借りたいというところだろうか。どの畑も応援が入って賑やかだ。
作業帽は真っ赤、作業衣も真っ赤、お顔も手も紅色に染まって大変さが伝わってくる。ほんとにご苦労様。

本日破傷風予防注射を受ける。一回目は平成14年だったそうだが、忘れてしまった。今度又5年向こうだとか、それまで現存しているのかな?? 疑問。
posted by たあちゃん at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記