2008年02月03日

また雪!!

P1000075a.jpg   P1000077a.jpg
   今度は大雪になりそう

 悩ませる今年の雪!!  
昨日のうちに今井まで行ってきて良かった。ホッ ぴーす V(^0^)
この頃予報もよく当たるように思うけど、今日の雪は聞いていなかったので、困っちゃった。
雪かきが難儀なことだわ。足・腰がまた病めるのかな。つらいね。  
posted by たあちゃん at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月01日

2月に入った

P1000073a.jpg
   2月1日の夕焼け

 恐ろしいような夕焼け、2月が始まった。今月は何ができるかしら??  風邪をひかないように元気でいよう。
posted by たあちゃん at 20:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月27日

まさしく大寒

P1000045a.jpg   P1000048a.jpg

 思い切った寒さが続く。これぞ大寒なり。
澄み切った空気が西山を一段と引き立てさまざまな顔を見せてくれる。雲も一層の脇役で面白い。

明日は少し雲行きも変わりそうだ。
posted by たあちゃん at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月26日

今日も西山

P1000031a.jpg   P1000040a.jpg
   落日とともにオレンジ色が稜線を描き始める

 今日も夕刻西山の姿に魅せられて見入っているひと時。
明朝も冷え込みそう!! こう続くと降参お手上げ。庭に置いた寒暖計はー14℃。容赦はない。

ブドウ畑ではパシパシッと剪定鋏の音が小気味よくしている。
「寒いのによくおやりになりますね」
と、労をねぎらいながら言葉を掛けると
「昨日よりゃ、今日の方がまだいいんね」
あらそうかしらと思いながら
「ああそうかもね、昨日は風が強かったから大変だったかね」
「あい、そうだいね」
と、仰言っておいでだった。
posted by たあちゃん at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月25日

今朝の西山は素晴らしかった

P1000029a.jpg   P1000027a.jpg
   今朝の西山は素晴らしかった

 思わず 「うわーっ、綺麗」 と感動した。冷えた空気故か??

自然のなせる力はお見事そのもの。

願わくば技師が良ければね。
posted by たあちゃん at 20:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月24日

P1000021a.jpg

 PM:4時50分頃

P1000026a.jpg

 PM:5時頃

 明日はどうなるだろうと心配しながら床に就く。今朝もまだ少し降っていたので今日の行動が気になる。

9時10分のバスに乗るのに8時半頃家を出た。いつもならもっと遅いのに・・・ 転んだりしたら大変だからゆっくり行くことにしよう!! そろりそろりと一歩一歩雪の中を選びつつ歩を運ぶ。

郵便局長さんが局舎の前庭の雪かきをしていて
「やあやあご苦労さんだね。転ばねえように気をつけましょ。バスが来るまで中へ入って掛けて待ってましょ。いま開けてやるでね。」
と、仰言って下さって休ませていただいた。

感謝・感謝の朝だった。ご恩返しに沢山の貯金でもできればよいのだけれどなかなかそうはいかない。情けないけどまあ仕方がないか。

ありがとうを申し上げながらバスの中の人となった。 
posted by たあちゃん at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月22日

常念岳を見る

P1000017a.jpg

 正午をちょっと過ぎた頃

 なんとなく全体がかすんでいるように思えた。あまりの寒さに宇宙がどうかなっているんかな??

ためしに山を写してみたらやっぱりちょうどなものではない。やれやれ・・・・・
posted by たあちゃん at 20:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月21日

大寒という日

P1000009.JPG

  少しの雪でよかった

 やっぱり白いものが降りると寒い。もっとも今日は大寒。寒くなくては困る。老いの身には応えるけれど 。。゛(/><)/ ヒィ

炬燵を造るともぐりこんでしまうので頑張ったんだけど、もう我慢の限界、今日ようやく出した。案の定もぐりこんだら出られない。やっぱり・・・・・ _(++)/ダメダ.....
posted by たあちゃん at 21:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月19日

廿日正月となった

P1000005a.jpg

 向かいの町会は寒そう

 冬は静かな谷合いの私々の町はひとたび雪が降るとはたと困ってしまう。さりとて雪が降らなければ乾燥して作物に影響がでる。自然は思い通りにならないので一喜一憂の連続だ。

 明日はかなり寒そう。ー10℃とあれば氷餅が上手くできそうだね。
posted by たあちゃん at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月10日

落日

  DSCF3543a.jpg

  あっ!!  お日様が・・・・・

  DSCF3553a.jpg

  あれよあれよというまにみえなくなった

 残光の美しさにしばし見惚れる。自然界は楽しませてくれるがとてつもなく怖いところでもある。

今日も終わった。







posted by たあちゃん at 17:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月08日

新年初の松本城

 DSCF3525a.jpg DSCF3527a.jpg 

 DSCF3518a.jpg DSCF3513a.jpg

 医者通いが始まった。
 帰りに「たまにはお城へ連れて行って欲しいの」と、言うことでお城へ直行。穏やかなお正月。半世紀前には考えられない。こんな日がずっと続くと良いのに。
posted by たあちゃん at 17:21| Comment(5) | 日記

2008年01月07日

暖かすぎるのも怖い

DSCF3508a.jpg

 今朝の日の出

 今日もよいお天気だ! と、思ったんだけど、終日冴えなかった。

 夕方畑へ出てみたら蕗ぼこが頭を出している。水仙もぐ〜んと伸びているからちょっと気になる。今年の気候はどうなのかな?

 10年前の成人式には有史以来の大雪といわれた。当時は15日が成人式だった。14日から降り始めた雪は16日にはすっかり交通網を遮断してしまって東山麓にはタクシーも出して頂けない惨めな思いをした。今年もこんなに暖かな日々が続くが突然大雪なんてことのないようにを祈るのみ。
posted by たあちゃん at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月01日

1月1日

 新しい年の幕開けとなり、今年も頑張ってみよう!! と、老体は一人意気込んでおります。

 皆々様本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

 今朝の天候は頷けておりましたのに午後は荒れ模様、大雪にならなければよいがと案じられます。

posted by たあちゃん at 13:08| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月22日

一番夜の長い日

DSCF3488a.jpg

22日はお天気が悪いというので20日撮影
乗鞍岳より左へ日は沈んだ。丁度PM5時

DSCF3493a.jpg

I百貨店の入り口にて


 一番日の短い日といわれる冬至なんだね。かぼちゃを煮て小豆が入っておだんごが入ったのが冬至のご馳走とされる。それに加えて我が家はほんの少々だけご飯が入る。この説にはいろいろあってほんとのところは解釈しがたい。昔から伝えられたことなので仕方がないと開き直って聞いている。

あと手を広げた指数だけで一年が終わる。19年といったお年賀を作ったばかりなのに、あっという間に時は過ぎた。
posted by たあちゃん at 19:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月26日

今日もお天気良好

DSCF3400a.jpg

 夕方4時25分ころの乗鞍岳の空

DSCF3411a.jpg

 それから10分くらい経ったころ

 数日晴天が続きありがたい・ありがたいと一生懸命仕事を追っかけている毎日。天気予報によると29・30日には雨降りになるという。五風十雨が理想だというからまあ仕方がないか!!

しかしです、やっぱりお天気でいてほしい。

posted by たあちゃん at 21:10| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月22日

困った!!

DSCF3399a.jpg  DSCF3397a.jpg

 今朝の東の空のお日様(後には晴れるよ、きっと)
 
 向かいのお山は北斜面。一日解けないよ、きっと!!
 綺麗だった木々のグラデーションもだいなし。


DSCF3393a.jpg  DSCF3392a.jpg

 りんごさんさぞかし冷たかったでしょう。

 午後はきっとお天気になるからね。


 ふゆぼうは今年は随分ご機嫌が悪いのね。急に暴れだして・・・  季節とはいえ少し穏やかにお出でなさいませ。お願いだから (×_×;)シュン
posted by たあちゃん at 17:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月19日

♪枯れ葉よ〜♪

DSCF3376a.jpg

 とうとう乗鞍岳の左に落日の時季になった。

DSCF3381a.jpg

 サフランのめしべを乾燥して熱いお湯を注いで飲むのが好きな私。

DSCF3387a.jpg

 鳥の餌に残してやりたいんだって!!

 今日も一日あっという間に過ぎてゆく。あれも、これもと焦るばかり、身体が動いてくれない。やっぱり年のせいか?

それにつけても元気でいなくっちゃ。最近へこたれてばかりで、ちと情けない。

大霜がきてあっというまに柿の葉が落ちた。はらはらと舞い落ちるさまは真にお見事だが人生に乗せて表現するにはなんといへば良いのだろうか。しばし眺めていた。
posted by たあちゃん at 20:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月03日

文化の日

DSCF3250a.jpg  DSCF3275a.jpg

「しおで」という名の植物だそうな。春の若芽を摘んでお浸しにして食すると美味しいという。我が家の庭先に毎年出てくるがまだ一度も私は食べたことがない。茎も葉も色づきはじめて綺麗になってきた。

薪がきちんと手際よく割られて、積み重ねられたさまに感心していつ寒さがやってきても大丈夫よと云わんが如く温かみとともに信州の冬を想いおこすことしきり。


DSCF3283a.jpg  DSCF3270a.jpg

 午後5時15分頃の落日のあと。随分と日が短くなった。午後3時半を過ぎるとあっという間に暗くなる。つるべおとしとはこのことなのかな?

山辺学校の裏庭の諸々の影がなにかを伝えているようで、「ああ、早くお家へ帰ろう。お父さんが待っているから・・・・」と、いつになく父さん恋しくなって“ウフフッ ホントかな。ホントだよ”と、急いだ気分でゆっくり帰宅した。

これが私の文化の日。
posted by たあちゃん at 20:31| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月01日

とうとう11月

DSCF3239a.jpg  DSCF3236a.jpg

渋柿が沢山実をつけてくれた。今年も頑張って干し柿にしてみよう。でも沢山は止めておこう。精々5百個止まりでよしとしようか。

白いダリヤがこの夏の終わりとばかり一生懸命咲いている


DSCF3244a.jpg  DSCF3242a.jpg

鳥が美味しくなったりんごを知っていて突付く。鳥にも生きる権利があるとはいえ、なにも手塩にかけた力作に傷をつけなくてもよいのにと腹立たしい。

兎川寺の掲示板に只今貼りだされている言葉がなんと当てはまるような気がした。

  “実るには 天地の恵みと 人の精進”

とある。

つい先日まで貼りだされていた言葉は

  “曼珠紗華 大悲の風に 身をゆだね”

とあったばかり。

白の小菊に蔦の葉が一枚どこからか飛んできて乗っかっている。自然のなせる技か。いとしい姿にみえた。  
posted by たあちゃん at 22:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月04日

弱々しいお日様になった

DSCF3093a.jpg  DSCF3087a.jpg  DSCF3084a.jpg  DSCF3081a.jpg

 垣根にされた葡萄の木がとても重たそう!!

我自身、季節の感覚がピタッと合わない。何故だろう?? 

脳がおかしくなったかのかしら??  体が無神経になったのかしら?? 少し心配になってきた。 

posted by たあちゃん at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記