2008年06月14日

夏至が近くなった

P1010064a.jpg

    明日お天気でありますように。

P1010060a.jpg

    夕7時になってもまだ外は明るい。
   最近ブヨが出始めて肌の出ているところ
   を刺されてつらい。
 
P1010066a.jpg

    東北地方にまた大きな災害があった。
   記録に残る災害となりそう。


   P1010086a.jpg

   山から採取してきたのはもう30年くらい前のこと
   随分増えた。華やかさはないけれど好きな一品。

   P1010069a.jpg
   今年も棚造りを厳しく(?)指導されてなんとか
   出来た。はや、胡瓜がなりだして嬉しい。
posted by たあちゃん at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月26日

体調が優れない

P1000896a.jpg

P1000891a.jpg

P1000880a.jpg

P1000879a.jpg

 お天気が良くて最高、なのに体調が悪くエンジンがかからない。こんな日があっても仕方がないじゃない。生きているってことだもの。と、自分に言い聞かせながら終日もたもたしていたが、これも後期高齢者の表れか??

山の向こうにはどんな良いことがあるのだろうかと、いつも夢見る夢子さんでいる。

みんな元気でいたいね。

posted by たあちゃん at 19:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月24日

土・日の雨降りは勿体ない

  P1000844a.jpg

   牡丹もお終いになって寂しくなった

     P1000856a.jpg

    助っ人の欲しいこの時期の雨降りは
    勿体ないとしきりに思う
posted by たあちゃん at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月22日

やっぱり

P1000852a.jpg

 今夕 6:30分頃、今日はもうお終いにしようと西山へ目を向けたら常念さんの右へ落日となった。そんな季になったのだと、この数日畑の賑わいに「あ、そうか。葡萄の一回目のジベ処理の時期だもの」と、一人納得しながらどうか明日も穏やかなおひよりでありますようにと祈らずにはいられない。

川面の煌きと落日の美しさに明日も元気でいたいと願いながら。

やっぱり思うように上手くあがらなかった。
posted by たあちゃん at 22:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月22日

お里帰り

P1000617a.jpg  P1000601a.jpg 

P1000594a.jpg  P1000588a.jpg

 父の命日もあってお里帰りをすることになったが、両親も居なくなって寂しい限り。本家の94歳になる叔母が元気で安堵し、今も書の師匠をお弟子さんにせがまれてとのこと、感心することしきりである。お話をしていても全くおかしな言葉はない。あやかりたいものと願うのみ。氏神様にも寄り道をして手を合わせる。堤にさくらが満開で鯉のぼりが沢山上げられその様子が村の勢を表しているようで嬉しかった。

 夕方庭に出てみると色濃いすみれがあちこちに咲いていてこんなところにとその生命力に驚く。

 あっというまの落日。明日もお天気でありますように。
posted by たあちゃん at 21:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月09日

暑い一日だった

 P1000417a.jpg

 P1000402a.jpg

今日はとっても疲れた。寝ることにしよう。
posted by たあちゃん at 22:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月08日

雨の一日

P1000312a.jpg

終日雨降り。小梅も中梅も花が散り始めた。あの雪の中、花盛りだったから結実が心配。

小雨のなか雉の鳴き声がする。いつも雄と雌が一緒に行動しているのをみて、「雉って仲がいいんだね」と言ったが聞こえないような顔をしている「夫」がそこにいる。

「ケーン・ケーン」と鳴くので、「雌についてこいよと、促しているのかしら」と聞いたら、
「違うぞ、縄張りをけん制しているんだ」という。
それってことは、まだつがいの雉が居るんだなと、変な納得をしてあたりをみたが見当たらない。

霧に覆われたぶどう棚の下だから。

雨降りもまた良しとしよう。
posted by たあちゃん at 20:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月07日

花祭りが今年も巡ってきた

今朝早々とお団子が5ケ配られてきた。「はてな?・・・」何の日だったか忘れていた。そうそうお釈迦様がお生まれになった日だったんだ。もう4月だもの。

持ち寄った沢山のお花を飾った花御堂の真ん中に水盤を置きその中に釈迦像を置いて甘茶を柄杓ですくって頭から注ぎかけ無病息災を祈り、甘茶を持参瓶に頂いて来て家族で飲んだが今は甘茶もいただきに行かない。「天上天下唯我独尊」と唱えられたという釈迦像も古くなっていまにも壊れそうだったが・・・・・そんなこともふっと思い出された。

甘茶というのはユキノシタ科に属する「がくあじさい」の仲間の植物だそうで甘茶の葉を乾燥・発酵させることで甘味料になるほどの甘味がうまれるということだと漢方薬店で教えられた記憶がある。
posted by たあちゃん at 21:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月06日

本日も快晴

P1000341a.jpg

 桃畑に一面の菜の花が咲いている。授粉を考えてのことだろうか。なかなか上手いことをかんがえたもんだと、大いに感心している私。

昨日に続いて今日も穏やかな一日でほっとする。
いよいよ農作業もあちこちの畑で、声が或いは機械音がしてこちらまでいかにも忙しげにじっとしていられず掻き立てられる。

早速「えんどう豆」の藪を作る催促を受けた。昨年も一昨年も来年こそは「一人でやってみよう」と、張り切っていたのにやっぱり駄目だった。やれやれ・・・・・

でも、苦労の甲斐あって上手く出来た。めでたしめでたし。さぞかしえんどうも美味しかろう。今年は赤花えんどうだって!!

水仙が咲き始めた。香り水仙が今年も花芽を付けてくれない。きっと気難しい種類なんだろうね。
posted by たあちゃん at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月17日

庭のあちこちに福寿草が??

P1000265a.jpg

 クロッカスが一斉に

P1000274a.jpg P1000272a.jpg

 我共の住む東山麓の谷あいは今朝は奇妙な大気だった
posted by たあちゃん at 00:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月12日

大急ぎの春

 P1000242a.jpg
  我が家の福寿草

 P1000240a.jpg
  赤怒田の福寿草

 P1000248a.jpg
  見ると撮るとは大違い・・・ヤレヤレ

 P1000251a.jpg
  あっというまに陽は落ちていった
posted by たあちゃん at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月28日

医者通いの日々

 P1000212a.jpg  P1000210a.jpg

 午後になったら風がでてきた。やっぱりまだ寒い。
 すずめが数え切れないほど電線に並んでいる。それとばかりに
 カメラを向けたら逃げられた。
  
 P1000208a.jpg

 我が家の庭先はまだ雪が消えない。松葉の上の雪が消えたと思ったら福寿草が顔を出していた。

 今日は鹿教湯温泉病院へ行く日。昨晩も少々雪が降ったそうで真っ白。朝は相変わらず寒い。AM6:50分出発。1時間ほどかけてゆっくり登った。病院前のカーブで凍てついた道が滑って曲がりきれず恐い思いをした。
三才山トンネルを抜けると途端に景色が変わる。やっぱり寒い所です。
明日は午前中歯医者。今週は毎日医者巡りで終わる。
posted by たあちゃん at 17:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月26日

2・26事件の日

P1000181a.jpg

   アマリリス
 
 アマリリスがようやく咲き始めた。開函して8週間水遣りをしながら管理してね、といわれていたのが一昨日頃から開き始めたのが今日はこんなになって楽しませてくれている。心が和む。

 今日は2・26事件の日。まだ学校へあがる以前のことなので何も知らない。しかし今日までも歴史の一端として教科書にものったことは確かなことだ。

 叔母が丁度東京へ出た折のことだったが、当日は真に静かだったという話を後日聞かされた。知ったのは翌日のことだったそうである。時の流れの速さには驚くばかり。
posted by たあちゃん at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月21日

雛人形通りの賑わい

P1000176.JPG   P1000180a.jpg  

P1000174a.jpg   P1000167a.jpg

 眼科医院へご厄介になったので帰りに人形通りを歩いてみた。心が和む。今日は検査があってあまりよくなかったので諸注意が数多く投げかけられ落ち込んでいたので穏やかなお人形さんの表情に救われた。
posted by たあちゃん at 20:04| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月20日

下り気味のお天気

   P1000162a.jpg

今日はお世話になりました。
お馴染みの喫茶室で友が写真をプレゼントしてくださいました。素敵なこと、気にいってます。撮影技師によってはこれほどの違いがあるのか?? と、吃驚です。

少しよう気が緩みましたでしょうか。風がなんとなく春を運んでいるように思います。こうして少しずつ暖かになってゆくのですね。
posted by たあちゃん at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月19日

2月18日の夕景

P1000148a.jp>  <a href=P1000146a.jpg 

 寒さは変わらずの昨今だがアルプスの山並みは穏やかで美しい。
posted by たあちゃん at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月15日

春はなのみの・・・・

   P1000131a.jpg

   ♪春は名のみの風の寒さや♪
この寒さは何? なんとも寒さが身に応える。いつまで続くのだろう?
 
飛行場方面へ出向く用事ができて出かけてみたが、車だけは多い。

西山山麓から見た東の連なる山並みの綺麗だったこと。目線を変えるとこのような姿がみえるんだと大喜びして帰ってきた。
posted by たあちゃん at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月11日

美しい

P1000109a.jpg

P1000116a.jpg

P1000120a.jpg

 乗鞍が映し出された。

 うわぁ・・・・・ (^.^)>(^.^)>\(^_^)/ヤッター!
なんとなんと綺麗なんだろう

宇宙のなせるわざ。素晴らしい。明日もきっとお天気。
感激のひと時。
posted by たあちゃん at 18:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月10日

雪はまだ終わりそうもない

P1000107a.jpg   P1000098a.jpg


P1000092a.jpg

 AM:5時半 雪かきの召集の放送。急いで外へ出てみたら雪は止んでいてほっとする。落ち着いて雪かきができてよかった。

 AM:8時頃写真をとってみた。昨年はどうだっただろうか。比べてみよう。
posted by たあちゃん at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月06日

明日は旧正月

P1000080a.jpg

山の谷間は今日も雪だらけ。長靴をはいていたんだけどズブズブって膝下まで埋まってしまった。

 明日は旧正月、懐かしい言葉の響き。

子供の頃着物を着せてもらって、新しい下駄を履いて、自慢の羽子板で羽根付きをした記憶は捨てがたい。

暦のお正月はお宮さんへお詣りに出かけた。いくつあったのか定かでないが、長い沢山の階段を登った記憶がある。本を買って貰えることでついていったような気がする。

半世紀以上の遠い昔のお話となった。

posted by たあちゃん at 19:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記