2007年12月22日

一番夜の長い日

DSCF3488a.jpg

22日はお天気が悪いというので20日撮影
乗鞍岳より左へ日は沈んだ。丁度PM5時

DSCF3493a.jpg

I百貨店の入り口にて


 一番日の短い日といわれる冬至なんだね。かぼちゃを煮て小豆が入っておだんごが入ったのが冬至のご馳走とされる。それに加えて我が家はほんの少々だけご飯が入る。この説にはいろいろあってほんとのところは解釈しがたい。昔から伝えられたことなので仕方がないと開き直って聞いている。

あと手を広げた指数だけで一年が終わる。19年といったお年賀を作ったばかりなのに、あっという間に時は過ぎた。
posted by たあちゃん at 19:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんばんは…冬至のかぼちゃだんごにご飯を入れる、なにか体に良い言われがあるのでしょうね。
私達の住む街も雪が、これからは一段と寒くなる
なりますね。少しガマン…の生活ですね。
Posted by スヌーT at 2007年12月23日 19:25
こんばんは…冬至のかぼちゃだんごにご飯を入れる、なにか体に良い言われがあるのでしょうね。
私達の住む街も雪が、これからは一段と寒く
なりますね。少しガマン…の生活ですね。
Posted by スヌーT at 2007年12月23日 19:27
冬至のかぼちゃだんごにご飯を入れるんですか?
私は知らなかったです。色々な風習があるんですね。益々寒くなります。風邪など引かないように
頑張りましょうね。
Posted by kokoro at 2007年12月24日 23:05
各地の風習ってそれぞれに違って
その地方の思い入れがあるんでしょうね!
同じ松本でもそれぞれ違いがありますよね
みんなが、どんな冬至カボチャを食べたのか
ブログで拝見したいですね

冬至カボチャにご飯を入れるというのも初めて聞きました。
実家ではカボチャに団子だけでしたが
嫁ぎ先はそれに小豆が入ったものです
面白いですね
Posted by すみれ at 2007年12月26日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8686467

この記事へのトラックバック