2007年11月01日

とうとう11月

DSCF3239a.jpg  DSCF3236a.jpg

渋柿が沢山実をつけてくれた。今年も頑張って干し柿にしてみよう。でも沢山は止めておこう。精々5百個止まりでよしとしようか。

白いダリヤがこの夏の終わりとばかり一生懸命咲いている


DSCF3244a.jpg  DSCF3242a.jpg

鳥が美味しくなったりんごを知っていて突付く。鳥にも生きる権利があるとはいえ、なにも手塩にかけた力作に傷をつけなくてもよいのにと腹立たしい。

兎川寺の掲示板に只今貼りだされている言葉がなんと当てはまるような気がした。

  “実るには 天地の恵みと 人の精進”

とある。

つい先日まで貼りだされていた言葉は

  “曼珠紗華 大悲の風に 身をゆだね”

とあったばかり。

白の小菊に蔦の葉が一枚どこからか飛んできて乗っかっている。自然のなせる技か。いとしい姿にみえた。  
posted by たあちゃん at 22:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
干し柿少々が500個ですか!。私の感覚とは桁が違います。
リンゴ カワイソウ。と言うより生産者の心情を思うと悲しくなります。負けずに頑張ってください。
Posted by コー at 2007年11月02日 21:08
ご無沙汰しています。お元気そうでなによりです。
私も500個という言葉を見て、目をこすりました。すごい量に思います。
皮をむくだけでもすごいことです。私にとっては・・・
リンゴは愛情がたっぷり入って、とっても甘いので鳥さんも思わず食べたくなっちゃうのでしょうね!辛いところですね。
風邪が流行っています。お体に気をつけてくださいね。
Posted by rw at 2007年11月02日 21:44
お久しぶりですね。お元気そうでよかった。
収穫の秋お仕事もお忙しい事でしょうね。
干し柿を500個!すごいな〜・・・
美味しいリンゴは鳥さんも知っているんですね。
でも丹精こめて実らせたリンゴに傷がつくのは
痛手ですね。
生産者のご苦労が分かります。
お体に気をつけて頑張って下さい。
Posted by kokoro at 2007年11月02日 22:00
はじめまして。
いつもホームページ講座でお世話になってます。
ホットするような写真すてきですね。
干し柿も沢山作るのですね。お体に気をつけて
頑張って下さい。
Posted by スヌーT at 2007年11月03日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6394446

この記事へのトラックバック