2009年05月10日

P1020288a.jpg

P1020302a.jpg

 今日は朝から静かな心ゆとりのある日だ。

 とはとんでもない。

 オット「お天気がよいので消毒をやるか」

 女房 「おや? 20日過ぎじゃなかったの?」

 オット「うん、そんなつもりだったけどお天気のこともあるしな、あっちこっちでやりはじめたようだでな」

 女房心中穏やかでない 「隣が火事になれば我が家も火事にするのかね。(ちょっとオーバーかな)言い出したら治まらないから黙って気分よくやろう」聞こえないようにブツブツ言いながら始めることにした。

 さて薬の調合から始まって9時から開始。風もない。絶好の消毒日和、撒布は女房の分担、機械係はオット。なんて調子が良いのだろ、嬉しい、圧力も最高。

 それにしても我が家の機械エンジンの音と撒布のシュウシュウ、最高。世の中なんて穏やかなんだろう。そのうちSS が威勢よく行きすぎた。しばらくしたらどこかの機械の調子が悪いらしく一生懸命エンジンをかけている。ああ、仕事始っているだろうに気の毒!? またしても別園のSSがゴーという音をたてながら行き過ぎてゆく。

 今回は2時間ほどで終わった。遠くのほうで雉が鳴いている。「御苦労さん」と言ってくれているような感じ。向かいの山裾に軽トラが走ってゆくが音は全くない。

 夜になって外へ出た見たらカエルの鳴き声の賑やかいこと。驚いた。外来種も賑やかになくのかな??

 自然の音のみで終日となる。
posted by たあちゃん at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29042642

この記事へのトラックバック