2009年05月29日

一生に一度はと誘われて

P1020498a.jpg
     榊の木にも花がつくんだね


P1020495a.jpg
     高い木ばかりで神域の中はひんやり


P1020487a.jpg
     どれほどの年輪だろうか


P1020483a.jpg
     五十鈴川!! ・・・これが五十鈴川・思いは深い  


P1020481a.jpg
     立派な手水舎(てみずや)

P1020477a.jpg
     橋も侵入禁止標識が……

P1020461a.jpg
     伊勢志摩にて宿泊 10階より見下ろした所


 一生に一度はお伊勢参りをと、お誘いをいただいていそいそと出かけることとなった。24・25の両日雨に会うこともなく無事帰宅することができてホッと一安心。しかし疲れた。はや4日になるが思い出と共に疲れが未だ残っている。そう言いながらも表現しがたい充実感がある。何故なのかな?

神宮の神域への橋は架け替えるということで大工事。一番奥の内宮も建て替え工事中。どちらへ行っても工事中で大変。

心に残るさまざまな事に出会えて幸せな一ページが増えた。
posted by たあちゃん at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月17日

終日雨降り

P1020358a.jpg
     れんげつつじ

 昨日のこと。

 草野満代さんの「素敵に暮らすヒント」と題された講演会に招待をいただき聴講に出かけた。

 幼少の頃からを振り返り、大学・就職とさまざまな経験を通じて得た中から話題を引き出し楽しくお聞きすることができて最高だった。

 気取らず、自己主張せず、岐阜県の恵那という地に生まれ育ったおてんば田舎娘であったことなど、とても好感度よろしく聴講して満足のうえ岐路についた。

 
posted by たあちゃん at 20:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月14日

田圃の時期

P1020385a.jpg

  引水の賑わい

P1020387a.jpg

  田植えの終わったところも・・・

P1020390a.jpg

  下っておらが村をみる。やっぱり山の中だね

P1020394a.jpg

  昨日の有明より今日の方がはっきりしてる。Y辺からなのに・・・
posted by たあちゃん at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月13日

池田って遠いね

P1020336a.jpg
     えにしだって白花もあるんだね

P1020333a.jpg

P1020338a.jpg

P1020350a.jpg

 雨模様の空ではあったけど有明山の向かいの山から撮ることができた。お天気が良ければ素晴らしいのに・・・
posted by たあちゃん at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月12日

いちいの芽吹きが見事

P1020259a.jpg

 お天気が良ければお月さまも美しかっであろうに。
 どうも天気予報通り変わりそうで笠をかぶった冴えない夜空になってしまって残念。
posted by たあちゃん at 22:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月11日

りんごの木の下で〜〜〜♪

P1020327a.jpg
     おおでまりが見事

P1020313a.jpg
     白牡丹が真っ盛り

P1020326a.jpg
     テッセンが咲き始めていたのに知らなんだ

P1020319a.jpg
     黄色ジャーマンアイリス 貫禄あるね


 りんごの木の下で遊ぶ〜〜♪ 
 
 とんでもない。一生懸命草退治よ。夢と現実は大違い。

 でもね。鳥の名前は何にも知らないのだけど鳴き声を聞いているだけでも心は落ち着く。

 遠い昔のお話。
 これでも夢が沢山あって夢見る夢子ちゃん。今はというと元気でいられれば言うことなし。「夢? なんの夢かね?」

 オット「明日は皮膚科へ行くから一緒に行けよ」
 女房 「え?? 私、皮膚科なんて用事ないもん!!」
 オット「俺が診察してもらうんだよ」
 女房 小声で・・・・・なあんだ、付き添いが欲しいのね。ウフフフ

posted by たあちゃん at 21:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月10日

P1020288a.jpg

P1020302a.jpg

 今日は朝から静かな心ゆとりのある日だ。

 とはとんでもない。

 オット「お天気がよいので消毒をやるか」

 女房 「おや? 20日過ぎじゃなかったの?」

 オット「うん、そんなつもりだったけどお天気のこともあるしな、あっちこっちでやりはじめたようだでな」

 女房心中穏やかでない 「隣が火事になれば我が家も火事にするのかね。(ちょっとオーバーかな)言い出したら治まらないから黙って気分よくやろう」聞こえないようにブツブツ言いながら始めることにした。

 さて薬の調合から始まって9時から開始。風もない。絶好の消毒日和、撒布は女房の分担、機械係はオット。なんて調子が良いのだろ、嬉しい、圧力も最高。

 それにしても我が家の機械エンジンの音と撒布のシュウシュウ、最高。世の中なんて穏やかなんだろう。そのうちSS が威勢よく行きすぎた。しばらくしたらどこかの機械の調子が悪いらしく一生懸命エンジンをかけている。ああ、仕事始っているだろうに気の毒!? またしても別園のSSがゴーという音をたてながら行き過ぎてゆく。

 今回は2時間ほどで終わった。遠くのほうで雉が鳴いている。「御苦労さん」と言ってくれているような感じ。向かいの山裾に軽トラが走ってゆくが音は全くない。

 夜になって外へ出た見たらカエルの鳴き声の賑やかいこと。驚いた。外来種も賑やかになくのかな??

 自然の音のみで終日となる。
posted by たあちゃん at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月08日

花々真っ盛り

P1020262a.jpg

    紫アイリスも共に咲きだした

P1020253a.jpg

P1020268a.jpg

P1020264a.jpg

P1020248a.jpg

P1020243a.jpg

    きじが随分近くで鳴いた。何者かに襲われたか?
    ああ!! よかった。メスを呼んでいたんだネ

P1020241a.jpg


 ようやくお天気になってあれこれと追いかけられそう。



 苗ものも届いた。やれやれ(*^。^*)

 でも頭は相変わらず休日の様子。

 お稽古日とあって少し緊張している筈なのだが脳は全く働いていない。そして眠い。ただ眠い。明日になれば目が覚めるかしら? 期待しよう。こういう時だってあるさ。

 春眠暁を憶えず
posted by たあちゃん at 17:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月06日

GW GWmo GW GWも終わった

P1020227a.jpg
    シャガがひっそりといちいの下で咲いていた

P1020212a.jpg
    増殖して困りもの退治に明け暮れている

P1020229a.jpg

P1020199a.jpg 
    この二種の水仙が最後に咲いて楽しませてくれる。
    口紅水仙が好きな一種

 三日ほど前に「正岡子規」の作品集を読んだばかり。

 今日は雨降り・連休祭日とあって絶好の野休みにした。心が緩んだのか身体中が、たがはずれのようにしんどくてどうしようもない。おコタにしっかり潜りこんでテレビを見ていた。チャンネルを変えたら丁度「子規」が「生きたい、死ぬわけにはいかない。まだまだ沢山詩を残したいんだ」というセリフに吃驚した。予告編だったらしい。

 いささか「子規」に関心があって矢先のことなのでテレビ放映があるならば待ちどおしいことである。

 GWも終わったが、憲法についてこの時期には制定当時からの事、そして討論と、ラジオにテレビにと例年にぎやかく報道される。今年は特に念入りな内容だった。

 学校を卒業したけれど就職できなかった若者、家族を抱えながら失業した方々を思うと胸が痛む。

 討論や批判ばかりでなく現実いつの時代になっても安心して生きられる世の中であるように願うものである。

 昨日は隣の里山辺地区の祭礼。お囃子も聞こえず、群衆の賑わいもなく静かな祭礼だった。岡の宮神社も祭礼だった由。歌謡ショーがあったとか。岡の宮神社のお祭りが済むといよいよ苗ものの植え付けが始まるのだが今年は霜は大丈夫かな??

 長期予報はいかがなものか。天候と共に平和に暮らせる世の中であるようにと祈るのみ。
posted by たあちゃん at 21:41| Comment(1) | 日記